灼熱の肌 (2011)

灼熱の肌 (2011)

作品情報

原題 UN ETE BRULANT / THAT SUMMER
製作年 2011年
日本劇場公開日 2012年7月21日
製作国 フランス・イタリア・スイス
上映時間 95分

新着感想・ネタバレ

s_p_n_minacoの感想・評価
語り手である平凡なカップルとブルジョワな夫婦を対比させながら、男女の移ろいを静かにじっくりと。ルイ・ガレル&モニカ・ベルッチが実際に別れちゃったヴァンサン・カッセル&ベルッチ夫婦に重なっちゃう。そりゃベルッチ様が妻なら色々大変だわな。チネチッタのオープンセットとか、ダンスシーンとか唐突に挟まれる祖父の昔話とか、情景に余韻が残る。しかし邦題は意味不明…どこが灼熱の?肌?
NakanishiMihoの感想・評価
モニカ・ベルッチが美しかった。
marima_rinの感想・評価
フィリップ・ガレル監督作☆こちらも主役は息子ルイ・ガレルが愛に悩みまくる。浮気とか嫉妬とか別れとか見てても疲れちゃうけど、イケメンがヨレヨレになってるのは萌えますw
ciatrをフォロー: