デビル・インサイド

デビル・インサイド

作品情報

原題 The Devil Inside
日本劇場公開日 2012年1月6日
製作国 USA

新着感想・ネタバレ

xyxyの感想・評価
1989年。米コネチカット州に暮らすマリアという女性が、神父ら3人を殺害したと自首してくる。逮捕された彼女は精神疾患の診断を受け、バチカンの医療施設に収容されることになった。20年後。マリアの娘イザベラは、悪魔払いの最中に起きたという事件の真相を知ろうと、ドキュメンタリー映像作家を連れてバチカンを訪れる。変わり果てた母親の姿にショックを受けた彼女は、2人の若き神父に改めて悪魔払いを依頼するが……。
tophelosの感想・評価
2013/02/18 BS
ちょうど一年前グアムで「アンダーワールド」とこの映画のどちらを観るか迷った作品(字幕が無くてもなんとか理解出来るシリーズ物を選択したw)。結局日本では劇場公開がなかったらしいが、WOWOWでやってたので鑑賞。今となっては使い古された感が否めない手ぶれ全開のPOV形式を多用したモキュメンタリである。悪魔払いという題材も結構手垢がついた感があるのだが、モキュメンタリとしたことでグッと臨場感やドキドキ感が上がったように感じる。ラストはちょっと物足りないが、まあこの方式ならそうなるよな、という展開。この手の映画は劇場よりも夜中に独りで観る方が効果テキメンである。
littlefoxの感想・評価
展開は読めるし、演技は臭いし、オチも微妙。
流行のP.O.Vだけに臨場感はありました。

「教会も神父も不完全なんです」という設定は良かったです。
もっと悪魔祓いに対する、エクソシストと教会の意見のすれ違いを描けば、
メッセージ性溢れるイイ映画になったように思います。
ciatrをフォロー: