危険なメソッド

危険なメソッド

作品情報

原題 A Dangerous Method
日本劇場公開日 2011年11月23日
製作国 イギリス・ドイツ・カナダ・スイス

新着感想・ネタバレ

ayamilkyの感想・評価
ユングとフロイトと患者。
キーラナイトレイの演技すごい!
人の心を分析、治癒するのはとても難しい。
tmmyonの感想・評価
キーラ・ナイトレイの演技力がすごいことは最初の5秒でわかる。船の上のお転婆なお嬢さんのイメージが払拭されたよ。
フロイト役がヴィゴ・モーテンセンって全然気づかなかったのは私だけ…でしょうね。
3人が流暢な英語で会話してるのが違和感。
southpumpkinの感想・評価
脚本は別の方なのでクローネンバーグ節は抑え気味。精神科医が精神を犯されていく狂気を描いていたお話なのですが、画が地味でかなり眠気を誘います。クローネンバーグが監督だ、と言われなければ全く気づかない。マイケル・ファスベンダーも地味だし、キーラ・ナイトレイは身体張ってて良かったと思いますが。
ユング、フロイトなど精神医学の分野では伝説となった実在の人物を描いたお話なので、ある程度この辺りの知識はあった方が良いかと思います。浅学故にほとんど意味がわからず、ピンと来ること無く映画が終わってしまいました。残念。
ciatrをフォロー: