犬神家の一族 (1976)

犬神家の一族 (1976)

作品情報

製作年 1976年
日本劇場公開日 1976年11月13日
製作国 日本
上映時間 146分

新着感想・ネタバレ

Pit7775Pitの感想・評価
不気味な話。遺言書から始まった財産目的の醜い争い。たまに入る回想シーンでのエフェクトは不気味で怖いし、殺し方が酷い。
犬神一族に恨みを持ち、スケキヨに成り代わり正体を現す所が1番衝撃的で声と効果音がインパクトありました。
nothorrorの感想・評価
良かった
southpumpkinの感想・評価
市川崑監督が2006年にリメイクした傑作ミステリのオリジナル版。オリジナル版も市川崑監督作品です。2作品の鑑賞に間が開いてしまったので違いをよく覚えていないのですがこの最高に不気味な雰囲気がミステリ好きとしてはたまりません。遺産・怨念やらに縛られて目には見えない壁に覆われた閉塞感を味わえます。大きな仕掛けがあるわけではないのですが、島田陽子が演じた珠代が最高に綺麗で大好きです。リメイク版では松嶋菜々子が演じていますが、どちらも負けず劣らず…。
リメイク版レビューでも書いたのですが、エラリー・クイーンの館もの「Yの悲劇」と似た箇所が多くあります。オマージュに近いのかな。「Yの悲劇」は僕が最も心打たれたミステリ小説なので早く映画化してくれないかな。
ciatrをフォロー: