アヒルの子

アヒルの子

作品情報

新着感想・ネタバレ

wigglingの感想・評価
横川シネマにて。原一男『ゆきゆきて神軍』と同じメソッドを使ったセルフドキュメンタリー。すなわち、カメラを構える事で逃げ道を断ち、そこに生じる特殊な状況を切り取る。監督の小野さやか自身が被写体になり家族に積年の恨みを叩きつけるんだが、いい子だった娘が突然修羅のような顔で襲いかかってくるんだから、親は相当にパニクっただろうなぁ。そのヒリヒリ感がとにかく凄い。よく頑張ったと抱きしめてあげたくなる。
ただ、十数年ひきずった傷なのに割とスッキリ片付いてしまうところは小さくまとまっちゃってるなという気はする。まぁ『ゆきゆきて』と比べるのは酷だけどね。
ciatrをフォロー: