真昼の決闘

真昼の決闘

作品情報

原題 High Noon
日本劇場公開日 1970年1月1日
製作国 アメリカ

監督・スタッフ・キャスト

新着感想・ネタバレ

southpumpkinの感想・評価
西部劇に関して浅学なくせに少し風変わりな名作を鑑賞してしまいました。新妻と共に街を出ようとする保安官が、因縁の相手を倒すために街に戻ってきます。が、街の人々は口をそろえて「帰ってこないほうがよかった…」と言うのです。誰からの協力もなく、男は一人でギャングたちを相手する…。というお話。ラスト付近こそ西部劇ですが、オチもモヤッとする感じあります。人間は結果を出し続けている者にしか心を預けられないのでしょうか。ちょっと嫌な感じです。
主演のゲイリー・クーパーは本作でアカデミー主演男優賞を獲得したとのこと。納得です。裏切られても尚立ち上がり続ける男のかっこよさあります。
Fumihiro_Yamanouchiの感想・評価
時計と映しかた、時間のシンクロ、この時代にあったんですね。
hitomisnotebookの感想・評価
素晴らしいね 時間のシンクロやキャスティングも良く西部劇だと思うとダメかもしれないがヒューマンドラマとしてはかなり面白い 西部劇は正直苦手だけどこれは本当に楽しんで観れた ラストのバッジのシーンはシビれた そしてグレイス・ケリーは美し過ぎた
ciatrをフォロー: