華麗なるギャツビー (2013)

華麗なるギャツビー (2013)

作品情報

原題 The Great Gatsby
製作年 2013年
日本劇場公開日 2013年6月14日
製作国 アメリカ
上映時間 142分

新着感想・ネタバレ

iamnappidaimajinの感想・評価
スコットフィッツジェラルドの軽やかでありながら、しっかりとテーマを感じさせる文体と
バズラーマン監督のド派手に!スピード!ロマン!を詰め込むっ!といったこだわり(なのか?)が
緩急をつけて存在感を示してくる、ゾクゾクする、クオリティの高い一本。
ギャツビー演じるはレオ様。同監督作品の「ロミオ+ジュリエット」の頃から比べるとかなりおじ様になったなぁという印象を受けるが、この深みがまた良い…
Chikuwabuの感想・評価
フィッツジェラルド作品の映像化としてはこれ以上ないほど完璧なのでは???
Julianna_Gianniの感想・評価
2013年:華麗なるギャツビーを2度目の鑑賞✰

ギャツビーの豪華絢爛な胡散臭い中に見える純粋さが何ともいえない。

屋敷やパーティが豪華であればあるほど、シャイで繊細なギャツビーの内面が対比されていく。

傲慢と野心を虚飾で彩りながら夢を掴もうとするのに、ボタンのかけ違いのようにずれていく感じが、凄く切ない。。

ラストの締めの言葉が印象的。
過去は変えられるって信念のギャツビーを偲んだようなフレーズ。

"だからこそ我々は、前へ前へと進み続けるのだ。流れに立ち向かうボートのように、絶え間なく過去へと押し戻されながらも。"
ciatrをフォロー: