007 ロシアより愛をこめて

007 ロシアより愛をこめて

作品情報

原題 From Russia with Love
日本劇場公開日 1963年10月10日
製作国 イギリス

監督・スタッフ・キャスト

新着感想・ネタバレ

maglmagの感想・評価
007の1作目から続けて視聴。びっくりした、凄くよくなっていた。前作の淡々とした感じから一気に情熱の007に。そしてオープニングとラストのセンスに胸を打たれた。こんなにエロくて、そして綺麗なものをスマートに作れるなんてすごすぎる。
ダニエラビランキがほんっっっとうに美しすぎる。なんだアレ。女神か。もう最高。
今回は敵がちょっとわかりづらかったり、翻弄されている感じが凄く凝っているなと思った。そしてやはり007は弱くって、強い。よくわからないかもしれないけど、強くて弱いんじゃなくて、弱くて強い。

三作目も楽しみ
theskinheadsの感想・評価
世間的に評価の高いジェームズ・ボンド第二弾


スタイリッシュ性・ボンドポイント…7点
2作目で色男、渋いなどのイメージが定着した

事件(ストーリー)・敵…8点
暗号解読機という国家間の争いに相応しい事件。ラスボスの印象はあまり強くないが刺客がいい味を出している。

アイテム・乗り物…6点
ストーリーのキーになるアイテムが登場するが必要の無い物も入ってる気が、、、


ボンドガール…6点
キレイな女性であるのは前提として、後半の活躍は見ものである。

舞台…6点
ロシアより愛を込めてというからロシアかと思いきやイスタンブールやベネチアなどを回る。

原題・タイトル…7点
「From Russia With Love」劇中でボンドがマニーペニーに贈る言葉。観る前から知っているほど頭に残りやすいロシアより愛を込めてという邦題もキャッチーで好きです

プレタイトル・テーマ曲…5点
この作品からプレタイトルが挿入されるようになる。前衛的で、なんともセンスがある。曲は前作にカッティングギターを挿入したようなものだがかなりのヒットだったらしい。

合計…45
平均点…6.4
÷2=3.2

おまけ…特になし。

結果…3.2

まとめ
前作に比べかなり洗練されている。世間的に評価されているのも納得の仕上がりだった。
afukinheadytaleの感想・評価
2016/02/10
ciatrをフォロー: