ラブリー・リタ

ラブリー・リタ

作品情報

原題 LOVELY RITA
日本劇場公開日 1970年1月1日

監督・スタッフ・キャスト

新着感想・ネタバレ

kappy421の感想・評価
思いがけず衝撃的な内容!
(退会ユーザ)の感想・評価
いつも不機嫌そうなリタ。斜めになっている絵画を直す癖。ちょっと行き過ぎた反抗期のような行動。変に作り込まれていなくて、どちらかと言えばリアリズムという感じ。答えが出ない結末で更にモヤモヤ感が増す。
なんというか、あまり好みではなかったというか、話の繋がりや意味が分からなくて困ってしまった。
honeycandybabyの感想・評価
偽物は嫌で正確なものだけを好む思春期の女の子。怠惰な毎日の様子がずっと続いて、衝撃のラスト。だけど仲違いしていた女の子の許し、暗闇のなか灯ったひとつの灯りを見たらまだまだリタはやり直せるんじゃないかと思った。でもきっとリタの想いはリタにしかわからない。
ciatrをフォロー: