ウディ・アレンの愛と死

ウディ・アレンの愛と死

作品情報

原題 Love and Death
日本劇場公開日 1974年11月30日
製作国 アメリカ合衆国

監督・スタッフ・キャスト

新着感想・ネタバレ

tategotoの感想・評価
2004.9月以前に
Shizuko_Sawanakaの感想・評価
『死を終末と考えないこと。生活費削減の早道だと考えなさい。
愛についていうならば、セックスは量ではなく質だ。ただし8カ月に一回の割合よりも低い場合は調査の必要あり。』
ラストに持論を展開するのはウディ・アレンの映画ではよくあること。

陽気に死神とダンスしながら画面を横切って消えていく映像が頭から離れなくなった。
ciatrをフォロー: