理想の出産

理想の出産

作品情報

原題 Un heureux evenement
日本劇場公開日 2012年12月15日
製作国 フランス

監督・スタッフ・キャスト

新着感想・ネタバレ

Shokoの感想・評価
妊娠と出産についてこんなにリアルに描いた映画がこれまであっだろうか。

普通の恋愛映画だったら、結婚、出産でハッピーエンディングかもしれない。
でも現実は違う。そこからがスタートなのだ。

恋人同士のロマンチック2人の生活が妊娠によって一変する様子や壮絶な出産。そしてそこから始まる赤ちゃんとの3人の生活。

主人公のバーバラは哲学の院生で論文執筆と子育てを両立しようとするがなかなか上手くいかない。朝も夜も赤ん坊に振り回されストレスフルなバーバラに対して、そんな心情をなかなか理解できない彼ニコラ。

フランスの子育て事情もなかなか興味深い。

ストーリー自体はリアルだけど、重くなくてコメディタッチ。妊娠、出産を経験した女性が観るとあるある〜!ってなるのかも。

子供ができるということはこれまでの「身軽で自由な生活」との別れかもしれない。出産は「どうして誰も教えてくれなかったの」とバーバラのセリフにもあるように想像以上に壮絶なものである。
でも子供はきっとそんなことを忘れさせてくれるような新たな種類の幸福を与えてくれる存在なんだろうなあ。

出産を考えているカップルは良い予習になること間違いなし。
tmmyonの感想・評価
これまた最高のフェミムービー!
フランス映画って多くの女性が「わかってるけどわざわざ言わないこと、言えないこと」をズバズバ言ってくれるからかなりスッキリする!
パソコン持ち歩いてみんなに見せて回りたいほど面白い。
Naruka_Udaの感想・評価
出産どころか結婚すらしてないけど
きっと自分も同じ気持ちになるだろうなという気持ちにさせられた映画。
終わり方はよくわからないけど
映像や音楽もきれい。オシャレ。
勢いあまってしまう前にもう一回みたい。
ciatrをフォロー: