エクスタシー

エクスタシー

作品情報

原題 London
日本劇場公開日 2004年11月30日
製作国 イギリス・アメリカ

新着感想・ネタバレ

laa_laa2316の感想・評価
【クリス・エヴァンス一気見企画】DVDのパッケージほどエロス満載じゃないです。まあ裸なシーンはあるけど、それはあまり重要じゃない。失くした恋を認めるまでのグダグダした夜の話。原題のロンドンというのは地名じゃなくて別れた恋人の名前。ジェシカ・ビール、クリス・エヴァンス、ジェイソン・ステイサムで全くアクションじゃないので要注意。
ほとんど元カノとよりを戻したいが顔を合わせる勇気もなくドラッグに逃げるクズ男(クリス・エヴァンス)の独白で、「いやーアンタそりゃふられて当然でしょう」とか「だいたシド(役名)って名前の男にろくなのいないんだよ」などど考えてしまうが、もうあまりのグダグダさ加減にだんだん「いるわーこういう人」って気分になってくる。それにつき合わされる初対面の災難なドラッグディーラー(ジェイソン・ステイサム)が、途中でキレてとんでもない性癖やら痛すぎる離婚理由を語り出す始末。なんというか傷を舐め合う男同士ってのが興味深い。あとステイサムが変なヅラのっけてて、ないより中途半端にあるほうがおかしいを体現している。
万人にはオススメできませんが、ふられダメ男の生態観察という点で私はこの映画嫌いじゃないです。
ciatrをフォロー: