The Loss of a Teardrop Diamond(日本未公開)

The Loss of a Teardrop Diamond(日本未公開)

作品情報

原題 The Loss of a Teardrop Diamond
日本劇場公開日 2007年11月30日
製作国 アメリカ

監督・スタッフ・キャスト

新着感想・ネタバレ

laa_laa2316の感想・評価
【クリス・エヴァンス一気見企画】原作はテネシー・ウィリアムズの未発表未完成作品だそうで、それ故なんだか中途半端。当時の南部のお洋服とか景色は美しいけど、人物の描き込みが不足気味で消化不良。南部では収まりきらないフィッシャー(ブライス・ダラス・ハワード)というお嬢さんは、『欲望という名の電車』のブランチの若い頃かもしれないけど、あくまでも私の想像にすぎない。テネシー・ウィリアムズお決まりの解釈法としてゲイに置き換えてみるを実践したら実はすっぽりはまったんだが、それも憶測です。
ブライス・ダラス・ハワードがなんだかとっても太いんだけど、今が痩せすぎなだけかしら。
クリス・エヴァンスのやるジミーはこれでもかというくらいのかわいそうぶりで、父親はアルコールに溺れ母親は精神に異常をきたして最早自分の息子が誰なのかもわからない。そこへヨーロッパから帰国したわがままお嬢さんがグイグイ迫ってくる。でもお互いの環境が違いすぎるし、身分が似たような幼なじみの女の子によろめきかけるけど、最後にすごーく控えめにお嬢さんの手を取る。ああジミーはヒロインなんだって解釈してみないといろいろ納得できない。
ciatrをフォロー: