ATM

ATM

作品情報

原題 ATM
日本劇場公開日 2012年10月20日
製作国 アメリカ

新着感想・ネタバレ

theskinheadsの感想・評価
結構酷評を目にするものの、数々のソリッドシチュエーションスリラーを観てきた身としては、これはかなり良い方だと思う。
確かに終わり方には賛否両論あるだろうし特にスタッフロールでの胸糞の悪さは人を選ぶかもしれない。
また、ソリッドシチュエーションではあるあるの「そこでこうすれば助かったじゃん!」これは禁句である。視聴者視点からしたらそう思うかもしれないが実際にできるかといったらそうはいかないだろう。
この映画に関してもATMに入った3人が外で殺人鬼を見つける。「3人で逃げれば1人くらい助かるじゃん!」「逃げるチャンスなのになんで逃げないんだ!」そう思うかもしれない。しかし、本当に目の前に殺人鬼がいたとしてそんなに簡単に決断できるだろうか。逃げれる可能性は同時にリスクも伴う。人間なら安全な方に留まろうとするのも不思議ではない。
限られた場所で如何に絶望感を与えるかが大事であって、細かい所にも多少は目を瞑らなければいけない。携帯忘れてきたとか、ライター持ってないとか。え、その水どっから出てきてるの?とか。
痺れを切らすような部分もあった。それも結末のストーリーをうまく進行するために仕方なくなったことなんだろうけど、あまりにも都合良すぎるというか悪すぎるように捻じ曲げられたストーリーはリアリティーを欠きすぎていた。
一言も台詞を発しない不気味な犯人は不気味で良いキャラをしていた。
naki_0823の感想・評価
手持ちがないからATMで下ろそう。日常的な行動を行った。ただそれだけだったのに彼らの「日常」は一生帰って来なくなった。
怪しい男が外にいる。そんな状態からATMに閉じ込められた3人の男女。どうにか脱出や助けを求めようとするがそれを妨げる男。
恐怖や混乱、氷点下の猛威が彼らを追い詰めていく。
結末や男の目的には驚きました。
あの時あーしていれば、こーしていればともどかしく思う場面もありますが面白い設定の内容でした。
asitaneの感想・評価


後味が悪いしとくに面白くもない
ciatrをフォロー: