17歳の肖像

17歳の肖像

作品情報

原題 An Education
日本劇場公開日 2010年4月17日
製作国 イギリス

新着感想・ネタバレ

hoanchan2の感想・評価
そうそうこの頃って一番背伸びした恋に憧れちゃうんだよなぁ。そんな時に偶然あんな男に逢ったら、、、ね。
traumereiiiの感想・評価
勘違いして観てしまいましたが、結果的に良かったです笑

17歳という大人になりゆく一番キラキラした時期に現れた大人の紳士。
早まって大人の世界に踏み込んでしまったが故の苦い思い出。
親まで騙されるんだから、そりゃ仕方ないわ。
____RiN____の感想・評価
『バカでかわいい女の子の話』

1960年代初めのロンドンの郊外。厳格な両親に育てられた才女ジェーンは、オックスフォード大学を目指す退屈ながら平穏な日々を過ごしていました。悪い遊びと言っても、友人たちとたまに煙草を吸ったりカフェでお茶をしたりする程度。フランス文化に憧れながらも、たとえば恋の話も、妄想の域を出ませんでした。
そんなある雨の日、「有意義な趣味」のチェロの練習の帰り、彼女は一人の男に出会います。仕立ての良いスーツを着たその男は、栗色のクラシックカーを横付けして、彼女に話しかけます。
「楽器が心配だ、チェロだけでも運ばせてくれないか。」

さて、女子大生諸君、6月も終わりに近づき、大学には慣れた頃でしょうか。サークルの先輩や同級生と良い仲になって、夏の計画を立てている最中かもしれませんね。あるいは、やり手の女友達から社会人との合コンのお誘いが舞い込みだすころかもしれません。
さて、忠告です。
年上の男性と何某かの関係を持つ場合、警戒しなさいとは口酸っぱく周りの賢明な女性たちに言われているかと思います。そんなもんクソくらえでしょうとも、わかります。
でもね、戸籍謄本を見るまで分からんような輩はびっくりするくらいいます。そしてね、年下の、大した経験もないような小娘ひっかけようなんて男は、同年代から相手にされないか、オイタが過ぎて警戒されまくってるかのどっちかです。つまりは、ろく...
ciatrをフォロー: