グッバイ・ファーストラブ

グッバイ・ファーストラブ

作品情報

原題 UN AMOUR DE JEUNESSE
日本劇場公開日 2013年3月30日
製作国 フランス

新着感想・ネタバレ

____RiN____の感想・評価
公開前から話題の集まる、フランスにおけるクラブミュージックの変遷と、それに人生をかけた男性の青春を描いた「EDEN」の女性監督ミア・ハンセン=ラブ監督の前作。
主人公カミーユの恋愛と人生を描く今作、始まりは1999年、彼女が15歳の年から始まります。初めての恋人シュリヴァンとの甘い日々と失恋、そして彼女は自らの人生に、8年の歳月を経て、新しい目的を見出していきます。
主な登場人物はカミーユとシュリヴァン、そしてカミーユの2人目の恋人ロレンツォの3人と非常に少なく、ゆえにストーリーは濃密に紡がれます。
南仏で寄り添う恋人たち、光に透けるカミーユの絹のような巻き毛と、皮膚の上でやわらかく光る産毛、身体の上を滑り光り輝く水の表現と、映像美が何よりの魅力。また女性監督らしい辛辣なまでの女性心理の描写には、女性なら誰しも心がぎゅーんとしてしまいます。
はあそれにしてもカミーユもシュリヴァンもクソだな!人間みんな、恋すると大体クソっぽい。
Yuzukappaの感想・評価
結局ずっと心の中で思ってるって人っているんだろうな、それにしてもいかに恋とは狂気なものか!
qurulin1209の感想・評価
11*30
TAMA CINEMA FORUM
少女の初恋物語
フランス映画
ノーブラ笑
ciatrをフォロー: