依頼人 (2011)

依頼人 (2011)

作品情報

原題 의뢰인
日本劇場公開日 2012年7月21日
製作国 韓国

新着感想・ネタバレ

s_p_n_minacoの感想・評価
妻を殺害容疑の夫は無実か否か。弁護人と検察の法廷劇&ミステリーがジョン・グリシャムっぽい韓国映画(タイトルも紛らわしい)。でも丹念に張ったつもりの伏線や登場人物がややこしく、誰が主人公なのか曖昧。確かにクライマックスのトリックは「してやられた」効果大だが、真犯人にしろ伏線回収にしろロジックを語るだけの映画になっちゃってた。女性キャラの扱いがぞんざいすぎるのもなあ。
kukucooの感想・評価
映像技術の会社に勤めるハンが帰宅すると部屋に大量の血痕を残して妻は消えていた。そして、夫であるハンは容疑者として逮捕される。カン弁護士は、この遺体も確証もないのに犯人に仕立てられていく男の弁護を引き受ける。
法廷劇を交えたサスペンスとして見応え十分。韓国映画独特の二転三転…に目が離せない。
カン弁護士の捜査は興味深く人間ドラマとしても楽しい。
ぜひシリーズ化してほしい1本!
http://www.cinemarev.net/article/363642967.html
ciatrをフォロー: