諜網嬌娃

諜網嬌娃

作品情報

原題 諜網嬌娃
日本劇場公開日 1967年4月27日
製作国 香港

監督・スタッフ・キャスト

新着感想・ネタバレ

changpianの感想・評価
 YouTubeにアップされた動画で鑑賞。ただし、若干の欠落がある模様。香港ショウ・ブラザーズ、1967年、井上梅次監督。賀蘭山こと西本正の撮影、服部良一の音楽、と日本人スタッフも多く参加して作られたスパイ・コメディ。公開されたのは『香江花月夜』(香港ノクターン)よりも後だが、井上監督の回想によると、これが彼が香港で最初に撮った映画だという。大傑作『香江花月夜』に比べると見劣りすることは否定できないが、これはこれで楽しめる。サミュエル・フラー『拾った女』にヒントを得たとのことだが、スリとスパイの話しである以外は、ほとんど別のストーリーだ。
 こちらも、『香江花月夜』同様、三人娘がステージで歌うシーンがあり、楽しい。鄭佩佩以外は潘迎紫と 趙心妍、『香江花月夜』よりは見劣りするのだが、現代ものの鄭佩佩、やはり魅力的だ。共演の張冲もこのようなスパイ物がよく似合う。
 服部の挿入歌は三曲。バンジョーを使う曲も楽しい。どうやら、『香江花月夜』同様、日本での楽曲の使い回しではなく、この映画のために作曲したもののようだ。
ciatrをフォロー: