25年目の弦楽四重奏

25年目の弦楽四重奏

作品情報

原題 A LATE QUARTET
日本劇場公開日 2013年7月6日
製作国 アメリカ

新着感想・ネタバレ

edinburghtttの感想・評価
セカンドバイオリンの辛さ…すごくわかる。けどさほど面白くなかった。
Kazuko__Takedaの感想・評価
登場人物たちがそれぞれ魅力的で、誰をも愛おしく感じる。
こんなカルテットを聴きに行きたい!
s_p_n_minacoの感想・評価
長年組んできたベテラン名演奏家4人の変わりゆく関係。となれば当然それに相応しい名優アンサンブルが肝心な訳で、このキャストは非の打ち所なし。演奏シーンばかりでなく、音楽家の日常にドキュメンタリーを見るような説得力がある(インタビュウ撮影や若い頃がさりげなくリアル!)。各楽器パートやベートーヴェンを絡めた展開は出来すぎなくらいだが必然で、映画そのものの奏でる旋律がズシンと心に響く。バンドでも劇団でも仕事仲間でも年月と共に沈殿するドロドロが付き物だし、4人なら成り立つバランスも3人だと脆いのよね。その危うい緊張感がすごい伝わるし、フィリップ・シーモア・ホフマン扮する第2ヴァイオリンの気持ちが解りすぎて辛い。いや、彼の演技を観るのが既に辛い…この愛すべき俳優がもう居ないなんて本当に哀しい。
ciatrをフォロー: