大俠梅花鹿

大俠梅花鹿

作品情報

原題 大俠梅花鹿
日本劇場公開日 1960年11月30日
製作国 台湾

監督・スタッフ・キャスト

新着感想・ネタバレ

changpianの感想・評価
台湾製DVDで鑑賞。今年台湾で公開された映画『阿嬤的夢中情人』でもオマージュが捧げられていた、1961年の台湾・台語映画。なんともチープだが、楽しい映画だ。俳優が動物の着ぐるみ、というか、ほとんど人間と分かる扮装で登場する。主役の梅花鹿を演じるのは、後に香港に渡り、ショウ・ブラザーズのスター・凌雲となる龍松だ。様々な動物が登場し、悪い狼をやっつける、という他愛もないストーリー。ウサギと亀の競争シーンで、もとは日本の童謡である「もしもしかめよ」が流れるのも楽しい。
ciatrをフォロー: