ベニシアさんの四季の庭

ベニシアさんの四季の庭

作品情報

日本劇場公開日 2013年9月14日
製作国 日本

新着感想・ネタバレ

kumies0120の感想・評価
英国貴族出身、京都大原在住のハーブ研究家ベニシアさんのドキュメンタリー映画です。

実家で母にすすめられベニシアさんの番組を見せられたことがあり、番組表で名前を見た時にあの人だと思って録画して見ました。

大原の自然がとても美しいです。
時々はいるベニシアさんの英語が優しくゆっくりで聞き取りやすいので、字幕スーパーとの違い(結構略したり省いたりした訳なので)を聞き取ってみるのも楽しいです。
お城みたいな美術館みたいなイギリスのご実家を歩くシーンで、生まれ年を「1950年 寅年」って英語で言ってて笑えました。
干支が出てくるとは、すっかり日本に馴染んでるんだなぁと。

意外に波乱万丈な人生なんですね。

築100年で購入した古民家も大事に手入れされています。
手作りしたものを瓶につめた時につけているラベルがエンジェルの絵だったり、写真立てが洋風だったりとところどころ洋風なんだけど、それも上手に古民家に溶け込んでオシャレです。
ル・クルーゼかな。カラフルな鍋もタワーみたいに置かれてハイセンスなインテリアという感じです。

「ゆっくり生き 呼吸を大切にする」
「どこかを修理するたびに幸せと誇りに満たされました」
心に残った言葉です。

家族や年中行事や自然やまわりの人との絆など、色々なものを大切にしたいと思える作品でした。
a3ictの感想・評価
あまり観ないドキュメンタリー。ゆったり観れました。
0c_0oの感想・評価
凄い心地良い。
べシニアさんの感性の豊かさ
心の豊かさにほのぼの。
心のサプリメントですね。
ciatrをフォロー: