父ありき

父ありき

作品情報

製作年 1942年
日本劇場公開日 1942年4月1日
製作国 日本

新着感想・ネタバレ

misaki14yamaの感想・評価
1942年、小津安二郎監督。なぜ笠智衆が好きなのかわかった、おそらく自分の祖父に顔も声も似ているからだ…(笑)借りたDVDで鑑賞したが状態が悪く聞き取れない箇所多数、70年前の作品だから仕方ない。
小津のこだわりであった理路整然とした構成や台詞は不自然になることなく、「しっかりやりなさい」と言われれば気持ちを引き締められるし、誰かが死ねば涙も出る、当然見る人によっては退屈な映画だとも思う。毎回感じることだが、小津映画の中で組み交わされる酒はどうしてこんなにも意味のあるものにみえるのだろうか。
ciatrをフォロー: