ルールを曲げろ

ルールを曲げろ

作品情報

原題 Bending the Rules (GHAEDEYE TASADOF)
製作国 イラン

新着感想・ネタバレ

hiroenagの感想・評価
東京国際映画祭にて。『ブリングリング』と続けてみたら、自由放任(その親も子供みたいな?)アメリカと、演劇祭に出場するための海外旅行も許可されないイランの社会感覚の違いが面白かった。Facebookはどちらにも出てきたりして、これが同じ時代の若者の物語だということも興味深いです。この映画はテヘランが舞台だから「古い概念と新しい概念の葛藤」として描かれるけれど、もっと保守的な地域ならば女性がこれほど自由にしているというのも少ないのかしら。アラブ地域を描いた映画(アメリカの映画に出てくるアラブじゃなくて、アラブ人が作ったアラブ地域の映画)は、あまり数が無いだけに面白いものが入ってきていると思います。昔の人がアメリカ文化を映画から学んだように、私にとっては、映画に出てくるアラブ地域は、例えばヒジャブの色とか、「会ったこともない親類までにお別れを言わされた」というエピソードとか、エキゾチックで面白くて、結構好きです。
ciatrをフォロー: