燃える仏像人間

燃える仏像人間

作品情報

日本劇場公開日 2013年5月18日
製作国 日本

新着感想・ネタバレ

mataro_minceの感想・評価
元映にて。2013年7月17日燃える仏像人間を見た。とTW上記録がありさらに前に次のコメ。
【「燃える仏像人間」チェックしてたら保山宗明玉の名が。仏像を使って女(弥勒菩薩)を巡り奪い合うコントしてたようなアーベン。】

満席だったことを記憶している。
面白くないわけではないが観劇後観たことを後悔し
気分が悪くなった映画はこれだけ。
要は「目眩がする」というやつ。
寺田農の怪演と劇メーション初体験から来る疲労ではと考えている。
元映初体験がこれだったから今だあの劇場が少し苦手。
wigglingの感想・評価
横川シネマにて。グロ絵がハマりすぎな驚異の切り絵アニメーション。インディー作家が好き勝手に作ったアウトサイダー的作品と思いきやクオリティが高すぎてたまげた。キャストやスタッフがなんか凄いし制作時間も相当だったみたいだし、今の時代にこんなにぜいたくな非商業映画が存在し得るとは。
内容がこれまた奇っ怪な代物。人間と仏像が融合してどつき合うって、なんすかそれ頭おかしいでしょ。融合した人間は仏像の内刳りに収まるとか、狂ってるとしか言いようが無い。
本作がデビュー作の宇治茶監督はまだ20代。若い大変態の誕生を祝福したい。
ciatrをフォロー: