ランナウェイ 逃亡者

ランナウェイ 逃亡者

作品情報

原題 The Company You Keep
日本劇場公開日 2013年10月5日
製作国 アメリカ

新着感想・ネタバレ

halu1211の感想・評価
記録用
tetsuakiの感想・評価
30年の時を経て、過激派組織の元幹部が無実を証明する為に逃亡する物語。
脇を固める俳優陣が渋く豪華だが、話の展開が
地味。
R・レッドフォードに11歳の娘はどう見ても孫とおじいちゃん…
しかし俺もGパンが似合い、走れるおじいちゃんになろう(笑)
s_p_n_minacoの感想・評価
レッドフォードがアナーキーだった若い頃の写真が、モロにサンダンス・キッド!それがすべてを物語ってる。相変わらず監督レッドフォードは一つのことにブレず、敢えて拘って落とし前を付けるというか、屍を拾うのだった。ともあれ、出番は僅かでもレッドフォードの同志を集めたみたいなキャストが豪華すぎて、次から次へと出てくるたびウワー!と盛り上がってしまった。シャイア・ラブーフもダスティン・ホフマン(@大統領の陰謀)っぽく見えなくもない。ならば、鍵となる彼女はバーブラ?どうかバーブラを!と一応ドキドキしたら、ジュリー・クリスティか!それもすげえ…。しかし何よりも、レッドフォード自ら指名した後継者はブリット・マーリングだったか!うああ猛烈に納得!!いくら何でも娘(クロエ・モレッツ似)が孫にしか見えないという難点はあるけれど、実にレッドフォードらしい、ファンには色んな意味で妄想たまらん映画。
ciatrをフォロー: