ラブ・クライム 偽りの愛におぼれて

ラブ・クライム 偽りの愛におぼれて

作品情報

原題 Crime d'amour
製作国 フランス

新着感想・ネタバレ

s_p_n_minacoの感想・評価
言ってみれば完全犯罪もので、ラブとか偽りとかおぼれる要素はないっす。
上司クリスティン・スコット・トーマスのパワハラっぷりが幼稚だし、虐げられる部下リュディヴィーヌ・サニエちゃんとの関係ももっとドロドロ濃厚であってほしかった。復讐計画にハラハラしないんだよね。それにしてもフランス映画界は、どうしてこうもサニエちゃんに魔性を付加したがるんだろう。
観てて気付いたが、デ・パルマの新作『パッション』はこれのリメイクなのね。デ・パルマ版の濃厚さに期待。
ciatrをフォロー: