カルト

カルト

作品情報

日本劇場公開日 2013年7月20日
製作国 日本

新着感想・ネタバレ

southpumpkinの感想・評価
白石晃士のモキュメンタリーホラーの進化をはっきりと感じるものでした。この進化、最高に好きです。あびる優、岩佐真悠子、入来茉里のタレントが本人役で登場するオープニングなんかは『シロメ』と全く同じ。それっぽい霊能力者と共にとある家に向かい、心霊現象ロケを始めるのです。しかしそこからの発展は全く見たことないものになります。どんどん明かされる新事実と後半から出てくる新キャラクターに一気に引き込まれ、壮絶なラストまで息つく暇もありません。白石晃士が自分の作風をセルフオマージュしているかのような映画なので、なるべく多く白石晃士作品に親しんでおけば良いと思います。この物語の発展性に『マーターズ』っぽさを感じます。『マーターズ』の超絶発展ほどではないですが…。
cla_staの感想・評価
胸糞以外もやれるんじゃない! 
って思ってたらこれだよ!
bonkuraman69の感想・評価
今までの白石モキュメンタリーとはちょっと違う気がします。作り物、フェイク感が強く偽物の感じが強かったです。とは言うもの変わらず安定の面白さです。突如ヒーローものになって笑いました。黒沢清っぽくなってる様に感じられました。
ciatrをフォロー: