初恋問答

初恋問答

作品情報

日本劇場公開日 1950年1月15日
製作国 日本

新着感想・ネタバレ

changpianの感想・評価
 日本版DVDで鑑賞。山口淑子主演の映画で今年初ソフト化された。松竹、渋谷実監督、1950年。初めて見たが、山口にとっては珍しい、コメディタッチの映画で、凛々しい姿が際立つ。だが、ちょっとドタバタ過ぎて、もっとスマートのコメディにできたかと思うのだが、特に後半もたもたするのは残念。佐野周二とは戦中の『蘇州の夜』以来の共演だと思うが、佐野はここでは特にコミカルな演技で、そのフィルムとは差異化を図っているように思われる。途中、山口が女中として働く、というシーンは『支那の夜』を想起させられたりもする。それにしてもこの映画の中ではモテモテである。唄を歌うシーンがないかとおもいきや、アカペラで唄を歌うシーンも盛り込まれている(中国語圏では周璇や葛蘭が歌を歌わない映画は(それぞれ主演を張るようになってからは)一本ずつと言われているのだが、山口が歌を歌わない映画はどれほどあるのだろう、とちょっと気になった)。東京の、カフェやレビューのシーンとバラックのような町並みの共存も興味深かった。山口ファンなら見ておいて損のない映画だろう。
 
ciatrをフォロー: