アイ・ウェイウェイは謝らない

アイ・ウェイウェイは謝らない

作品情報

原題 Ai Weiwei: Never Sorry
日本劇場公開日 2013年11月30日
製作国 アメリカ

新着感想・ネタバレ

gohanumaiの感想・評価
現代アートって抽象的でよくワカランって思ってしまいがちだけど、本当は受動的に見るんじゃなくもっと能動的に自分から考えて感じて行動して、ってそういうもの(へのきっかけ)なのかもしれないってハッとする気持ちになった。艾未未が戦ってる中国共産党はある意味凄くわかりやすい敵だけど、おかしいと思っても黙ったままだったらもっと悪いことになるってのはどこに生きていても同じことが言えるし、だからこそ世界中で評価されてるんだろう。面白かった。
sabiinuの感想・評価
2014/01/10 名古屋シネマテーク
作家を名乗っているので、考えさせられる内容だった。
中国だけの話ではない。
tmmyonの感想・評価
北京オリンピックの《鳥の巣》という名のスタジアムを建設した方として有名ですが、彼はアーティストであり、中国の民主化運動家なのです。
20歳ごろにニューヨークに渡り、十年後に帰国してまあ反社会的な芸術運動を行います。地震で亡くなった子供達へのリュックのアートは泣けたな…
もちろん中国政府からは要注意人物として目をつけられて、その戦う様も記録されています。
今は警察の圧力で静かにしているようですが、全力で応援したい気持ちになりました。
中国の人と一緒に見て感想を交わしたい。
ciatrをフォロー: