さらば復讐の狼たちよ

さらば復讐の狼たちよ

作品情報

原題 让子弹飞
日本劇場公開日 2012年7月6日
製作国 中国

新着感想・ネタバレ

changpianの感想・評価
中国では2010年末に公開され、空前の大ヒットとなった姜文の監督主演によるこの映画。日本では昨年夏に上映されたが見逃しており、恥ずかしながらようやく中国製DVDで鑑賞した。
 舞台は民国初頭の中国・四川。姜文演じる土匪が、馬に牽引される列車を襲撃、葛優演じる馬邦徳らを襲撃する。馬邦徳は金で県長の座を手に入れ、着任する道中だったのだ。馬邦徳は自分は顧問(師爺)だと嘘をつき、土匪はそれならば、と自分が県長になりすまして、鵝県に乗り込む。そこに待ち受けていたのが地元を影で操る黄四郎(チョウ・ユンファ)。やがてこの三人の間で緊張感に富んだ駆け引きが展開される…。
 展開がなかなか読めないし、姜文演じる土匪が、圧倒的に強い黄四郎と張り合っていく様子は見応えがある。セリフも面白い。この映画は、政治的な風刺に満ちていると言われる。冒頭の馬が牽引する列車は、「馬列」=マルクス・レーニンを表している、という解釈は広く流布している。その他にも一見しただけでは何を表しているのかよく分からない(隠喩なのかどうかを含め)描写も少なくない。繰り返し見て確認したくなること請け合いで、ヒットした理由がわかる気がする。もちろん現実の風刺と解釈しなくても楽しめる映画ではあるのだが。大陸の映画もエンターテイメントとして成熟してきたと感じる(いまさらの感想かも知れないが)。
 香港勢は、ユンファの他にカリーナ・ラウ劉嘉玲も出演しているが意外とあっさり死んでしまう。その他もカメオ出演を含め豪華キャストだ。
ciatrをフォロー: