黒蜥蜴(1968)

黒蜥蜴(1968)

作品情報

日本劇場公開日 1968年8月14日
製作国 日本

新着感想・ネタバレ

mataro_minceの感想・評価
さる大立者より娘の警護を依頼された名探偵明智小五郎。窃盗団の標的は若く美しい肉体。だが一瞬で明智の魅力に取り憑かれた美貌の頭目は愛ゆえに命懸けでギリギリの駆引きを繰返す。妖艶な笑みを浮かべながら「黒蜥蜴」フィルム上映。CL神戸1。彼を嫉妬するしか生きる価値がないまでに貶めたい。2017年2月19日 すごい作品だった。苦笑しかねないトリック、しかしそれが一途な愛ゆえの盲目だったとすれば。そう脳内が切り替わった瞬間、この作品への感覚が急変した。あくまで女である丸山、身じろぎもしない三島由紀夫。松岡きっこの愛らしさ、そして木村功の魅力。当時の日本映画や風俗の沈殿物をかき集めたような夜の闇に回るフィルム上映会。
momokammkの感想・評価
うっとり
cana_pigの感想・評価
美輪さんがただただ美しい!!!
ciatrをフォロー: