マイ・マザー

マイ・マザー

作品情報

原題 I Killed My Mother
製作年 2009年
日本劇場公開日 2013年11月9日
製作国 カナダ
上映時間 100分
ジャンル ドラマ・恋愛>青春

新着感想・ネタバレ

pupil_f27の感想・評価
19歳の頃の私は、家族の繋がりや家族ならではの憎しみをこんな風に表現することは絶対出来ないな、というか、まず捉えられていない。
いまの年齢でこの映画をみて、苦しい程胸が痛くて、思春期のあの親に対する憎しみも、あの時の親たちの苦しみも、これから親になって私が味わうかもしれない痛さも、、リアルだった。
母親の部屋で物にあたりまくって、でも落ち着いて後片付けしてる自分、、過去にいたなあ笑
iwawawawahの感想・評価
この前マミーを見て、なんか凄い...とは思ったんですが(バカっぽいな笑)、正直「よくわからなかった」ような気がしたので、日をあけずにこちらも鑑賞してみました。
なんだかリアルな日常過ぎるというか、主人公の子供じみた苛立ちとか結局は寂しがりやなところとかに共感してしまってる自分がいるような、いないような。。私も10代にしっかり反抗期を迎えちゃった人だからなのか、昔の自分に重ねて考えると痛々し過ぎてしまって、映画として「面白い」のか?というのが、またしてもよくわかりませんでした。笑
でも同年代でこんなものが撮れるのは、やっぱり凄いし、天才なんだろうな。。
Megu_Komatsuの感想・評価
思春期の母親に対する反抗期という感じですかね。クザヴィエ・ドランの映画に出てくる喧嘩のシーンはどれもリアル。今回のこの作品も親子の喧嘩が妙に共感のいくリアリティ。そして、19歳で作った作品とはとても思えない完成度。ストーリーどうのこうのよりスローモーションの映像が芸術的!私は結構好きな映画でした。
ciatrをフォロー: