キャデラック・レコード ~音楽でアメリカを変えた人々の物語~

キャデラック・レコード ~音楽でアメリカを変えた人々の物語~

作品情報

新着感想・ネタバレ

tophelosの感想・評価
2015/05/23 BS
本作はミュージシャン個人にフォーカスするのではなく、50〜60年代に実際にあったブルースのレーベル会社「チェス・レコード」の盛衰を描いた音楽映画である。この時代、そしてこの手の音楽好きにはたまらない作品で、名だたるミュージシャンが続々と登場しているのだと思うが、恥ずかしながら分かったのは「バック・トゥ・ザ・フューチャー」でマーティが真似た、あのチャック・ベリーくらいだった。もちろん、そんなことは知らなくても映画は十分に楽しめるし、この時代特有の空気感も感じることができる。ちなみに、ビヨンセも出演しているのだが、歌手としての彼女をほとんど見たことがないので、全然気がつかなかった。
Asumi_Kuriharaの感想・評価
ストーリーより全体の雰囲気がすき
goliath6969の感想・評価
映画としてはいまいちだけどこの作品で偉大なブルースミュージシャンの方々を知ってもらえれば幸いですね。
ciatrをフォロー: