大統領の執事の涙

大統領の執事の涙

作品情報

原題 Lee Daniels' The Butler
日本劇場公開日 2014年2月15日
製作国 アメリカ

新着感想・ネタバレ

enchang318の感想・評価
2017.2.12.36
pinkfishboardの感想・評価
人種差別の中での家族の葛藤、戦争。民主主義が本当の民主主義へ向かうことを問うた作品だと思います。
Pit7775Pitの感想・評価
人種差別の激しいアメリカで大統領の執事として働く黒人のセシル。

奴隷のような幼少期から二つの顔を持ち生きてきた。やがて子供が生まれ成長するがアメリカの歴史に対して真っ向から向き合い戦う子に葛藤する中、様々な大統領の執事を歴任する。

誰もが信頼するセシル。
やがてお食事会に家内と呼ばれるが白人の中に混ざる自分の姿に飾りでしかないと感じ、今まで子に反対していたがようやく理解できる日がやってくる。

そして2008年、黒人大統領オバマが誕生。

フォレスト・ウィテカーの優しげな表情と語りかけるナレーションがとても良かったです。

セシルの行動と子の行動のカットバックが印象的でした。
ciatrをフォロー: