白い恐怖

白い恐怖

作品情報

原題 Spellbound
日本劇場公開日 1951年11月23日
製作国 アメリカ

新着感想・ネタバレ

asitaneの感想・評価
みた瞬間内容忘れた
Keimiyazatoの感想・評価
白に縞模様が入った物に異常な恐怖を感じるグレゴリー・ペック、彼は記憶喪失でもあります、バーグマンと共に謎解きをするロマンス・サスペンス作品、幻想的な夢のシーンはサルバトーレ・ダリが担当 バーグマンの美しさが印象的。
aimiの感想・評価
1945年 アルフレッド・ヒッチコック監督 イングリッド・バーグマン、グレゴリー・ペック主演

最後まで誰が殺人犯なのかわからず、どんでん返しがあるのがおもしろい!
自殺を暗示する、銃口がカメラを向くショットがいい。
茶目っ気のあるお師匠先生の機転がナイス!
『白い恐怖』という邦題は秀逸だとおもう。
ciatrをフォロー: