ストレンジャー

ストレンジャー

作品情報

原題 Main Street
日本劇場公開日 2010年10月21日
製作国 アメリカ

新着感想・ネタバレ

tategotoの感想・評価
2013.12月に鑑賞
s_p_n_minacoの感想・評価
産業が廃れ死に体の町に有毒廃棄物が持ち込まれたことから、静かに揺れる住民の群像劇。倉庫を貸してしまった老婦人にエレン・バースティン、その姪パトリシア・クラークソン、しがない警官オーランド・ブルーム、そして廃棄物処理会社社員にコリン・ファースといった渋い配役は見応えあり(あと、アンドリュー・マッカシーがチョイ役で出てた!)。サスペンスではないが、他人事でない題材だし幸せな人が1人も出てこないので、かなり重々しく不安にさせられる。特に昔の繁栄を忘れられないエレンお婆ちゃんが辛くて。クライマックスにかけて最悪の展開しか思い浮かばなかったんだけど、最後の最後でハリウッドエンディング風にまとめるのがなあ…(強引に書き換えた?)。そこまでの演出が丁寧だっただけに、いっそ救いのない話のままでもよかった。メキシコ人だけはポジティヴだけど。
ciatrをフォロー: