魔女の宅急便 (2014)

魔女の宅急便 (2014)

作品情報

日本劇場公開日 2014年3月1日
製作国 日本

新着感想・ネタバレ

skr_icjの感想・評価
ジブリと同じようにポップな雰囲気かと思いきや、テーマは意外と重め。希望を抱いて見知らぬ街へ。味わう偏見の目と挫折。13歳の女の子が味わう人間のブラックさは見ていてしんどかったけれど、変わらぬ味方がちゃんといたから救われた。ファンタジーというより青春ドラマ。
Keimiyazatoの感想・評価
「あと1本借りても料金一緒ですよ」と言われ何を血迷ったのかこれを借りてしまいました(T_T)固い地層に杭が届いていなく だいぶ傾いていました、オリジナルは好きなのですが それを抜きにしても辛いかな うちの子も興味を示さなかったので早送り⏩の嵐でした。
Yuzukappaの感想・評価
え、すごいよかった、、
重いけど笑
アニメとは全く別物だけど、通過儀礼ものの話として大切なことを言ってたし、グラウンドでのトンボとの会話など、ぐっとくる部分が多々あった。
なにより、主人公の芝居がすごい。
若さゆえの未熟さや素直さが愛せるキャラクターとして見事に表現されていたとおもう。つっこもうと思えばつっこみどころはあるんだろうが、この映画の言いたいこと、の強さの前にはあまり気にならなかった。
ぼくも早く中心点不明病なおしたい、
ciatrをフォロー: