7番房の奇跡の感想・評価・ネタバレ

4.2
53
31

Miracle in Cell No. 7 2014年1月25日公開 韓国

ciatrをフォロー:

感想・評価・ネタバレ

Yuka_Tanoueの感想・評価
涙が止まらない
Minami_Okadaの感想・評価
泣いた
hrk_fkym27の感想・評価
涙が止まらなかった。
nanaco7ksの感想・評価
映画館で二度観ました。二度とも号泣&嗚咽。
泣かせようとしてない、むしろ、笑いがしっかりしてる。だけど、たまらなく泣けます。娘がいる人は耐えられないかも。本当に素晴らしい映画です。
Hikaru_Oeの感想・評価
本当に泣けます。
コメディ要素もあり、終始暗い雰囲気ではないところがいいです。
Raskaの感想・評価
涙腺を直接ギュッと絞られました。
露骨に泣かしにかかられると反発したくなる質なのですが、マウントポジションを取られた感じです。
コメディがしっかりコメディしてたので、その落差が上手く効いてたと思います。

長官が劇中でお咎め無しなのが不満です。
Hironori_Hashizumeの感想・評価
これはめっちゃ泣けるやつ。
終盤は本当にヤバイ‼︎

冤罪という重いテーマではありますが、
笑いもあり、決して暗い作品ではありません。

イェスンがとにかく可愛い。
みんな魅了されてしまうわ。

o325の感想・評価
この手の映画は久しぶりに観ましたが、号泣でした。
冤罪をテーマにしてはいるもの同じ房の囚人たちは皆魅力的でコメディ要素も多いです。純粋な父娘の絆・愛情の中に現代の問題も組み込まれている中で、確かに現実的ではない部分もあるけどそこは気にせずに見ていいと思います。

しかし父娘の演技素晴らしかったですねー!成長したイェスンも綺麗な方でした!
韓国映画はあまり観たことがなかったけどこれから探してみようかな
Sumikawa__Kazueの感想・評価
子役の女の子が最高に可愛かったー
Takumi_Hashimotoの感想・評価
現実ではあり得ないけどまぁ感動と言うより悲しい話でしょ。
Hiroaki_Inatomiの感想・評価
リュ.スンヨンの演技上手すぎる。
Naura_Tanakaの感想・評価
涙腺崩壊って言葉が
ぴったりなくらい
涙が止まらなかったです。

実話ではないにしても
冤罪は実際に今でもあることで
本当に怒りを覚えます。

同じ房の受刑者のみんなも
悪いことしてる人達だけど
みんな心は優しくて
イェスンは本当に可愛くて
笑いもたまにあって
ヨングが天国で幸せであってほしい。
感情移入しすぎて
耐えられないくらい感動しました。

ハナ ドゥル セッ
の時が本当に2人共可愛くて
嬉しそうなイェスンが
本当に本当に可愛い。
だから余計に
最後のハナ ドゥル セッが
苦しいくらい辛くなります。

悔しくて悲しくて辛くて
イェスンもヨングも可哀想で
また涙が止まらなくなりました。

面会の時にいた警察の人は
最初から良い人で
あの人大好きです。

용구 도 이예승 도 선물 ♡
Yukari__Nakaoの感想・評価
もう涙腺崩壊。
頭痛がするくらいの大号泣。
久々に映画を見てこんなに泣いたかも。

グリーンマイル、アイアムサム、マイライフイズビューティフル。。
髪型はサモハンキンポー。。笑
なんかを思い出しました。

主役を演じてたかたもすごいのですが
脇役の層が厚い。魅せられます。
観てよかった!
kukucooの感想・評価
泣ける泣けるというあちこちの評に釣られて見て、本当に泣いた。
ツッコミ所だらけのストーリーがファンタジーとして昇華するところ、韓国映画は本当に上手い。
感情持って行かれまくった。名作。
http://www.cinemarev.net/article/411858200.html
(退会ユーザ)の感想・評価
ヒックヒックして泣いた
でもアイアムサムと、グリーンマイルに似てる気がする
tamonosukeの感想・評価
久しぶりにこんなに泣いた!
韓国の映画だからなぁって思って積んであったんだけどもっと早く見ればよかった!

親子愛っていいですね、
でもその反面、社会の闇についても描かれてる映画

結局お父さんも検察に強要された自白によって無罪の罪で死刑で死ぬ、というか殺されるしねぇ、、
でもその父の無罪を成長した娘が証明するんだよね。

よかった。もう一回みたい
(退会ユーザ)の感想・評価
ヨングの演技、イェスン(子役)の演技が凄い。
7番房のメンバーも個性的で、憎めない感じ。彼らとヨングの交流が一番心に残って、凄くなんだか熱いものが感じられて、彼らとの最後のシーンで泣いた。(多分、ここは泣かせるシーンではないと思うけど笑)
現在と過去が時々混ざるから、混乱しそうになったけど、映像もストーリーも良い作品だと思う。
いわゆる泣かせる韓国映画のイメージとは違って、いい印象でした。恋愛ものでも、病気ものでもないから、最後は読めるには読めるけど、またか…っとガッカリはしないかな…?
Rssmz416の感想・評価
よかったー!パク•シネちゃんがかわいすぎた♡
iuspirit1224の感想・評価
泣ける泣ける、と聞いて見てみたら、もう親子の演技に涙。七番房のメンバーも凄くいい。特に房長w 久しぶりに映画で泣いたw
show_tkdの感想・評価
めちゃくちゃ泣ける映画
Yoshitaka_Taniの感想・評価
「泣けこのヤロー!」と言わんばかりの映画。韓国映画ぽい。ストーリーもベタベタ(笑) けどほんまに笑える泣ける。主演の子役の子にやられた。絶対にやられる。
Minhwa_Parkの感想・評価
見たかった
Ryo_Murakamiの感想・評価
号泣。劇場の中もみんな泣いてた。冤罪がテーマではあるがコメディで笑いも泣きもベタベタで良い。吉本新喜劇を真剣に作るとこうなるという感じかな。おかしいところはいっぱいあるけどファンタジーと思えば気にならない。最後は号泣しました。
Sachiyo_Sugiyamaの感想・評価
子供の成長は早く、6歳でもうお母さんみたいだった。私が6歳の時は鼻ほじって寝てただけ。親子愛がいっぱい詰まってる。笑って笑って泣いて泣いて、悲劇も起こるけど素敵なお話し。
wakamewattsの感想・評価
韓国映画で、コミカルなタッチで知的障害者の父子の愛情を描いた映画で良くまとまっていた。6歳の娘を愛する障害を持つ父親・ヨングは、ふとした事故で死んだ少女を助けようとしたスキに、周りから犯人に仕立てられ投獄されてしまう。娘に会いたい一身で、牢屋仲間と仕組んで、見事牢屋に連れ込んでしまう。徐々に回りは二人の理解者となって手助けするようになっていくのだが。不幸にも殺されたと称する娘の父は警察長官だった。警察長官はヨングに、殺したと言わないと娘を同じ目に合わすと自白を強要した。ヨングは娘をかばうため冤罪を認める供述をし死刑が確定してしまう。この映画去年見た、「くちづけ」となんとなく似ている。舞台背景は全く異なるが父子愛を描き、障害者役の宅間孝行とヨングがなぜかかぶる。(#14-010)