胸騒ぎの恋人

胸騒ぎの恋人

作品情報

原題 Les amours imaginaires
製作年 2010年
日本劇場公開日 2014年2月1日
製作国 カナダ
上映時間 102分
ジャンル ドラマ・恋愛>恋愛>ロマンス

新着感想・ネタバレ

Megu_Komatsuの感想・評価
男2女1の三角関係を描いた作品。その男女数、一人の女を男が奪い合うのではなくて、男(ゲイ)と女が一人の男を奪い合うストーリー。とても面白いです。で、二人から想いを寄せられるニコラ(男)が小悪魔的で男の世界にもこんな人いるんだなぁと魅力的!で、美青年です。クザヴィエ・ドランの作品は映像やファッションだけでなく登場人物たちも美しすぎてエロい!
chaso1203の感想・評価
おもしろかったし映像がまたまた◎
mazda620の感想・評価
ドラン監督の映画は好きだけど中の上というような落ち着きの中本作は私好みの初めてのヒット作。
同性愛者と異性愛者の親友が1人の男を好きになってしまう三角関係。彼等のドキドキとか想いがいっぱいいっぱいになって伝わってくるからこっちまでドキドキする。
好きな人が軸にある生活ってものすごい。好かれてる本人が思っている先をずっと越えて、あらゆることが影響されて精神保てて全てのバランスになってる。
彼等の狭間になっているパーマのイケメンニコラは天然くんなのかなって思ったけど中盤からあれ、この人自分が他人に好かれることを自覚してるって思ってなんてズルイ男!ってなった。
振り回されてどっぷり浸かってる彼等は少しもかっこよくないのに何故だか美しいとおもってしまう。人を好きになるってすごく魅力的、成功だろうと失敗だろうとその世界に浸ってキラキラになって夢中になって楽しそうで自分にしかわからない想いみたいのが隠しきれずにだだ漏れで、ださいのになんでこんなに魅了されるんだろう。
彼等だけでなく、この映画を観る人にまでも思わせぶりな表現をしているシーンがたくさんある、結末は意外とシンプル。
マシュマロ食べさせられてるシーンがめちゃくちゃ好き、あの瞬間のフランシスのドキドキの漏れ方?バレ方?すごかった!人がドキドキしてる瞬間を見るのってこっちが恥ずかしくなってくる。
ファッション映画じゃないの?ってくらいフ...
ciatrをフォロー: