17歳(2013)

17歳(2013)

作品情報

原題 Jeune & jolie
日本劇場公開日 2014年2月15日
製作国 フランス

新着感想・ネタバレ

loomisの感想・評価
わたしが17のときは、こんなんじゃなかった。理解はできるし、共感する部分もあるけど。

なぜ16でも18でもなく、17なんだろう。

わりとお母さんが娘の問題を弟にも話したり、親戚にも話したりオープンなところが日本とは違って面白い。姉弟の関係も素敵。

冒頭のランチ後の昼寝とか、ゆったりしたバカンスの過ごし方が羨ましい。
ayamilkyの感想・評価
あれ、見たことある?と思ったら「スリーピングビューティー」と勘違いしてました。17歳って多感な時期ってよく言われますけど、インサイドヘッドみたいに頭の中の感情たちがおかしくなったり不在だったりしてるのかな笑
大人になりたい気持ちと現実の乖離に身体も心もバラバラな感じ。
「1度体を売ったら一生売女」って、なんだか怖いセリフですね。
ririri511の感想・評価
17歳という多感な年頃のヒロインが満たされない心を年上男性相手の売春で満たしていきます。
この触れにくいヘビーなテーマもフランソワ・オゾンの世界観でアンニュイな雰囲気に仕上がってました、そして危険な香りの中に美しさもありでフランソワ・オゾンのセンスは本当に大好き!
ヒロインの娘も本当に美人です、美しいだけじゃなくてオゾンの世界にすんなり溶け込むような特別な魅力を感じました!
最後の最後に貫禄のシャーロット・ランプリング!
ciatrをフォロー: