ランナウェイ・ブルース

ランナウェイ・ブルース

作品情報

原題 The Motel Life
日本劇場公開日 2014年3月15日
製作国 アメリカ

新着感想・ネタバレ

EllyMimyの感想・評価
雰囲気だけで胸が痛くて切なくなる映画。
エミール・ハーシュとスティーブン・ドーフの二人を観てるだけで泣けてしまいそうに。
この二人の兄弟役、最高。
Manamaiの感想・評価

ダコタファニング
エミールハーシュ
スティーブンドーフ

tophelosの感想・評価
2014/03/19 シネマート心斎橋
原題は「THE MOTEL LIFE」で、その名の通りモーテル暮らしの貧しい兄弟の物語。片足を失った兄に献身的に尽くす弟は、自分が思うほど不幸ではないのだが、兄の存在が彼を殻に閉じ込めている。その兄がラスト近くで弟に語るところはズシリと重い。劇中で、弟の空想物語を子守唄代わりに聞く兄が絵に描き起こすのだが、それだけでも十分見応えがあるアニメーションとしてビジュアル化され、現実パートとのコントラストを鮮明にしている。弟に対して親身になってくれる中古車ディラー役がクリス・クリストファーソンなのだが、これがとても良い。まさに理想の親父。関係ないけど、兄役のスティーヴン・ドーフとクリストファーソンと言えば「ブレイド」コンビではないか!
ciatrをフォロー: