ソウ3

ソウ3

作品情報

原題 SAW III
日本劇場公開日 2006年11月18日
製作国 アメリカ

新着感想・ネタバレ

theskinheadsの感想・評価
うぅ、もはやグロさが全面的押し出ている。でもこれもストーリー的には面白かったなぁ。どんでん返しというか視聴者の方が状況は分かってて、ちょっとずつ「まさか…おいやめろ待て待て待て」そうやってラストに持ち込まれるような。
後正直、SAW史上最もショボい仕掛けにあってましてや助かるっていうおじさんが出てくる。そう、豚の汁がカサを増して溺死しそうになるシチュエーションだ。そしてさっきも言ったが助かる。で、またしょーもないトラップにかかる。
ちょっとずつSAWというものをマンネリに感じ始めた3作目なのであった。
あっでも最後に一つ。確か3だったと思うんだけど、目を塞がれてる人と口を塞がれてる人の戦いはすごく好き。よく思いついたなぁって思う。
potunenの感想・評価
面白さが順調に減速していく。でも最後ああなっちゃって、4もあるんでしょ?気になるのが辛い。
southpumpkinの感想・評価
交通事故で息子を失った男と、ジグソウを生きながらえさせることを強制された外科医の女の話。
真正面からスプラッター映画を始めたのがこの辺りでしょうか。『ソウ』では付加要素であったグロテスクな部分が、『ソウ2』で増幅し、本作で頂点に達したと言えます。結局本作のシーンが一番気持ち悪かったかもしれません。氷にしたり関節を捻るアイディアとかどこから出て来るんだ、というレベルで悪趣味です。とはいえシリーズの方向性は決まってきたのもこの辺り。とりあえずグロいイベント用意して観客をヒャアヒャア言わせて最後にどんでん返しをする。
メインとなるどんでん返しですが、本作は明らかに前作そして見事であった前々作と比べ陳腐です。いまいち「引っかかった〜〜」という感覚になりません。
ciatrをフォロー: