ゾンビ・ホスピタル

ゾンビ・ホスピタル

作品情報

原題 INSANITARIUM
日本劇場公開日 2007年11月30日
製作国 アメリカ

新着感想・ネタバレ

southpumpkinの感想・評価
久しぶりにホームグラウンド(ゾンビ映画)に戻ってきたら良作を発見しました。ヤバい精神病院に入院させられた妹を救うため自ら精神病を偽り入院した兄が目撃したのがヤバ過ぎる実験で…。というお話。『28日後』以降感染系ゾンビ映画は量産されていますが、近年の良作はといえばコメディっぽさがあるものばかりでしたが本作は笑い一切なしド直球のゾンビ映画に目新しいエッセンスを加えています。
『カッコーの巣の上で』的な展開から徐々にゾンビ映画になっていきます。医院長が患者にロボトミー手術を施しており、その結果ゾンビとなってしまうのです。これがかなり無理の無い設定でゾンビの発生を描いています。おそらく本作で一番出演料が高かったのがピーター・ストーメアなのでしょうけど、そのお金の使い方は正しかったといえますね。
スプラッター描写の配分もグッド。
saotaronの感想・評価
グロかった
まぁおもしろかった
ciatrをフォロー: