オール・イズ・ロスト 最後の手紙

オール・イズ・ロスト 最後の手紙

作品情報

原題 All Is Lost
日本劇場公開日 2014年3月14日
製作国 アメリカ

新着感想・ネタバレ

Ken_Changの感想・評価
地中に閉じ込められた男たった一人の映画「リミット」も大概でしたが、こちらの映画も大海原に遭難した男一人

「リミット」と違って謎解きサスペンスでもない

これほど退屈な映画あるんかい…と思ったら、引き込まれるままに男と一緒に生死を彷徨っているのでした

ロバート・レッドフォード先輩の演技はさすがに緊迫して見えるのですが、それ以外にタネも仕掛けもなくて、そんなに工夫された感じもありません

リアリティに徹して余計な演出のない分、観る側はより身近に、より鬼気迫って鑑賞できたのかなと感じます

デカいサメが襲って来でもしたらまたハラハラぐらいするんでしょうが、やってもうたらまた別な映画になってしまったでしょう

エンディングは私好みではありませんでしたが、一人の人間の限界を垣間見る不思議な映画でした(^^)
tetsuakiの感想・評価
出てくる人物は1人のみ、会話もほぼ無い。
ロバート・レッドフォードが大自然の猛威にさらされ、孤独で命の危険と闘う様を描いた作品。
とても静かな映画だが、ロバート・レッドフォードの力強い演技に引き込まれてしまう。
回想も、独り言も、余計な演出が無く主人公の演技だけ… 圧巻!!
Hironori_Hashizumeの感想・評価
おっさんが海でひとり漂流する話。
話す必要もない、孤独な世界。
自分はあんな冷静にいられない。
ciatrをフォロー: