名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)

名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)

作品情報

日本劇場公開日 2014年4月19日
製作国 日本

新着感想・ネタバレ

southpumpkinの感想・評価
赤井秀一の影がちらつく本作。世良真澄が登場するなど、物語が次のステージに上がり、劇場版しか追っていない僕のような鑑賞者にとっては途端に厳しくなります。本作はとてつもなく遠くから狙撃することができるスナイパーたちが、なぜか”みな日本に大集合”するという物語。銃を持っていない登場人物の方が少ない、とも言えます。アメリカ人が多いので仕方はないとは思いますが、英語(当然日本語字幕付き)シーンが多い作品です。別に構わないとは思いますが、しかし、劇場版コナンにありがちな、ただでさえ退屈な状況説明的会話を英語にしたことでさらに退屈に。劇場で鑑賞したちびっ子は大いに退屈したことでしょう。ちびっ子向けに用意されたコナンと蘭姉ちゃんの超絶アクションも、今度は大人たちの苦笑いを誘う結果になっているように思えます。FBIの皆様のダサさも悲しい。なんでファミレスで作戦会議しているの…。
これで劇場版コナンを2016年現在最新作を除いて全て観賞したわけですが、作品愛・キャラクター愛が足りず低評価ばかりになってしまったのが残念です。5周すれば全部星5になる、とコナンオタクは言いますが、僕にはそこまでの気力はなさそうです。
karinchorinの感想・評価
いつもの爆弾ばっかりじゃなくて、スナイパー同士の事件で、いつもの感じじゃなくて楽しい!テンポも良く、英語が多い!みんな超人。すごすぎ。ポテンシャルが違うw
khei3131の感想・評価
今までで一番好き
ciatrをフォロー: