呪怨 白い老女

呪怨 白い老女

作品情報

新着感想・ネタバレ

gaungaunの感想・評価
記録用
Erina_Nishidaの感想・評価
いつ見ても怖い。ジャパニーズホラーがんばってる
1231netabareの感想・評価
DVD

黒い少女のつづきです。
黒い少女が霊媒師一家を皆殺しにした家は売りに出されました。そこに引っ越してきたのが磯部家です。 磯部家にはおばあちゃんがいてそのおばあちゃんこそ後のホラー界で知名度のあるバスケットボールババアです。
この家の長男の篤くんが司法試験に落ちた夜に一家を皆殺しにした後に自殺します。その殺しが中々えげつないのです。撲殺、絞殺、刺殺、灯油をかけて火炙り…中でも義妹は生きたまま首をノコギリで切り落とされています。酷い…。
篤くんは実はこの家の呪怨にあてられていたのです。この呪怨は黒い少女の者なのか、殺された霊媒師の者なのかわかりませんが、新たな呪怨が生まれたのは間違いないでしょう。

ただ、呪怨である以上南明奈の演じる柏木あかねのみ生き残るのは納得がいきませんでした。やはりこの家の呪怨は伽椰子の呪怨よりは各が下がるようですね。
ciatrをフォロー: