上流社会

上流社会

作品情報

原題 High Society
日本劇場公開日 1956年10月20日
製作国 アメリカ

新着感想・ネタバレ

hitomisnotebookの感想・評価
グレイス・ケリーが美しい この映画で女優業を廃業してモナコ公国の公妃に 役中の婚約指輪はレニエ大公からのものとか?本来の彼女はこういう感じの方なのかなと垣間見れる気がする 音楽が素晴らしく名優が出ている それで成り立つ映画 グレイス・ケリーのファッションショーも見所
(退会ユーザ)の感想・評価
グレース・ケリーのファッションが良い!特に水着可愛い♥︎ルイ・アームストロングも中々いい
____RiN____の感想・評価
ルイ・アームストロングの愛すべきダミ声で幕を開ける本作、誰もが認める絶世の美女グレース・ケリー最後のハリウッド映画です。
お相手はフランク・シナトラ、ビング・クロスビーと、アメリカ黄金時代の伝説そのもののような二大スター。歌って踊れる彼らが主演で、ゲストにルイ・アームストロング(本人役)ですから、当然ミュージカル。嫌味なく軽やかなジャズと、終始明るいムードはまさにこの時代のアメリカを象徴するようです。
ストーリーは至ってひねりのないコメディですが、なによりもルイ・アームストロングがチャーミング。この時代はいい俳優が出れば映画は成り立ってたんだなあと深く納得させられます。個が強い。
ciatrをフォロー: