そこのみにて光輝く

そこのみにて光輝く

作品情報

日本劇場公開日 2014年4月19日
製作国 日本

新着感想・ネタバレ

iii_betaの感想・評価
あらゆる点で底辺を彷徨う家族の再生のおはなし。
ciatrでなかなか評判の良かった作品なので、期待しすぎてしまい、あんまり入り込めなかったけど、池脇千鶴のうらぶれ感と菅田くんの天真爛漫感に目を見張り、そしてベタやけど、綾野くんの煙草の吸い方に悶えます。
tamoo3の感想・評価
とにかく俳優の演技力、演出に魅せられた映画だった。もう一度観たい。
Nana_Ogasawaraの感想・評価
本編を見てやっと『そこのみにて光り輝く』というタイトルの意味を自分なりに理解できた。その深さに衝撃を受けた。「其処」から、「底」から抜け出せない、「そこ」で希望を持って生きようとするけれど決して別の場所へは行けないし上には這い上がれない。世の中の理不尽を突き付けられた気がして衝撃的だった。
また、観る前に、監督がベッドシーンのリアリティを追及したという情報を耳にしていたけれど、実際に見てなるほどと思った。性的なシーンやセリフによって、千夏の絶望が象徴的に現れていた。
ciatrをフォロー: