愛と哀しみのボレロ

愛と哀しみのボレロ

作品情報

原題 Les Uns et Les Autres
日本劇場公開日 1981年10月16日
製作国 フランス

新着感想・ネタバレ

B50371952の感想・評価
飛沫をあげて蛇行する大河ドラマ。火の鳥よろしくスターシステムで繰り広げられる一期一会のリーンカーネーション。各個で彩られた登場人物は遂にボレロで一つになる。十万億土の果から大群衆が行進するかのような運命のボレロに痺れろ。
Itsuko__Sasakiの感想・評価
1981年の作品。
かつて、見たはずなのに、全然覚えていませんでした。
でも、良い映画でした。
ジョルジュ・ドンの踊りが、素晴らしかったです。
Keimiyazatoの感想・評価
第二次大戦前後フランス、ドイツ、アメリカ、ロシアそれぞれの人々のストーリーがラストのボレロに向かって1つになっていくのが壮観、但し登場人物が多く1度観ただけでは整理出来ないかも、 ジョルジュ・ドンがボレロを踊るシーンは凄い名場面!戦争は憎しみ合う人達の争いでは無く 愛し合う人達の別れって台詞も印象に残りました。
ciatrをフォロー: