オーバー・ザ・ブルースカイ

オーバー・ザ・ブルースカイ

作品情報

原題 The Broken Circle Breakdown
日本劇場公開日 2014年3月22日
製作国 ベルギー・オランダ合作

新着感想・ネタバレ

Moto_Ishidukaの感想・評価
鮮やかな青の空とスポットライトの光、夜光、夕陽に包まれながら、2人の愛の始まりと終わりが交差していく。趣味趣向も違う2人の共通点は互いを愛していることのみに思える。授かった小さな光は儚くも消え、互いを責め合い2人は離れていく。新たな道を進もうとするもなかなか進まない。ただ愛していたいだけなのに。
終盤に流れる道路の白線のシーンがバラバラだった時間軸がすべてつながり物語も終わりに近づいてくのを意味していて、ハッピーエンドではないことを意味付けていたのが妙に心苦しい。
永遠は存在するのか?幸せな人生そして命、愛、すべてにおいてずっと続くなんてことはあり得ないだろう、しかし信じるしかない。
ブルーグラスのメロディーがいつまでも耳に残る。しかし演奏には必ず終わりがある。それに対してタトゥーは永遠に身体に刻まれる、たとえ上から新たに重ねたとしても。
ラストシーンは涙なしでは観られない。とても明るい演奏なのに、現実は悲しい。まるで刻んだタトゥーの上から新しくタトゥーを刻むように、もとあるものを隠していく、悲しみを隠していくのだ。
EllyMimyの感想・評価
弱っている時に観たせいか、
一つ一つのシーンが痛くて、切なかった。
だけど観て良かったと思える良作。
Masako_Yoshimiの感想・評価
悲しい。
ciatrをフォロー: